白い服を着ると黒い乳首が透けて見えてしまうのが困る

乳首が黒いというコンプレックスは、白い服を着ることができないということです。白い服を着ると黒い乳首がかなり透けて見えてしまうのです。特に、白くて薄いタイプのTシャツやブラウスですと、ブラジャーをしないとそのままではかなり透けて見えてしまうのです。

夏場はブラジャーをするとかなり胸が蒸れてしまいますので、ブラジャーを付けたくありません。そのままTシャツを着てしまったら、見事に透けてしまい、友人に驚かれてしまいました。

友人もそんなに黒いとは思っていなかったらしく、白いTシャツから見える透けた黒い乳首はショックだったようです。

自分でもその黒い乳首がとても嫌で、見るのも嫌になってしまうのです。お風呂から上がったら、どうしてもその乳首が鏡に映ってしまいます。その乳首を見ないように、何とか目をそらしては服を着るようにしています。

でも、どうしてもタオルで拭く時には見えてしまいます。そんな時には顔を上に上げながら拭くようにしています。

そんな黒い乳首に悩みだしたのは、10年ほど前からです。それまではそんなに黒くなかったのに、年齢と共に黒くなってしまったのです。乳首のまわりの乳輪まで黒くなってしまい、その乳輪が伸びてしまう時にはとてもみっともないように見えてしまうのが困ります。乳首 ピンクにしたいです。